なぜ、今の時代に和風身体が必要なんでしょうか?!

創身会では、4つの理由を考えています

 

1:現代社会の価値観とは違う新たな視点を身に付けるために、

  和風身体を学ぶ必要性がある

 

2:腰痛や肩こり、頭痛といった慢性的な症状の身体を元気で健康な身体に

  創り上げていく為に、和風身体を学ぶ必要がある

 

3:和風身体を身に付けることで、身体の内部が充実してくるので、男性なら

  強い身体になり、女性なら美しくしなやかな身体になる為に、和風身体を

  学ぶ必要性がある

 

4:東洋医学などの伝統的な身体にたいする人達が集まるので、同じ考え方を

  持つ人同士が集まって、楽しく交流する場となる。

 

 

              セミナーの案内はこちら

1:現代社会とは異なる価値観を学ぶ為に

 

私達日本人は、敗戦後、精神的なことはあまり考えずに物質の繁栄を一番に願ってきました。おかげで経済大国となりました。しかし、みんながなんとなく感じていることがあるのではないでしょうか?

 

「なにか日本がおかしい??」

「日本は何か大切なものを失ってしまったのではないだろうか?」

 

そう、経済成長を支えた世代は、戦前の親達に育てられているので、無意識に心や気といったことを自然にみにつけているのです。しかし、その彼らが育てた子ども世代は、心や気の伝統を受け継ぐ機会が少なくなっているのです。

 

そうなんです!! だからこそ、もう一度、心や気の世界を学ぶ必要性があるのではないでしょうか?

 

心や気は、見えません。でも、身体では体感することができるのです。

 

「体感」この体感があるからこそ、気や心が実感としてその大切さがわかるのです。

 

創身会では、この身体を通じて、気や心の大切さをお伝えします。

 

 

 

              セミナー受講生の感想はこちら

2:健康で元気な身体を創りあげていく為に

 

現代医療の発達で、私達は安心して暮らせるようになりました。しかし、その一方で自分の健康管理に対する意識は低下してきました。ちょっとした腰痛、肩こり、頭痛などなど、病院に行く程ではないけど、日常の生活できになる症状ってありますよね。

 

 自然に治るだろうと思っている人、なんとかしなくてはいけないと思いながら、そのやり方がわからない人などがいろいろあると思います。

 

創身会では、身体の歪みを修正する方法、そして正中線を整えて、伝統的な概念である丹田を充実させる鍛錬を続ける事で、身体が自然と強くなり、充実した身体に近づいてきます。伝統的な東洋の思想である、気の活用をすることによって、ツボといわれる経穴をうまく活用することができるようになります。東洋の身体鍛錬を継続することによって、身体が内側から健康になっていくようにします。

 

 

                セミナーの案内はこちら

 

3:身体の内部からの充実で、強く! 美しく!!

 

創身会では、伝統的な鍛錬法続けていくうちに、本人は気付かずに、他人に指摘されて初めて自分の変化に気付くという人がほとんどです。

 それは、シンプルな鍛錬方法ですが、身体が深部が鍛えられているからなのです。シンプルな鍛錬を継続していくと、身体の感覚が変化してきます。問題は、やり方を自分流にしていると、ぜんぜん効果がないことが多いのです。骨のちょっとした角度、意識の持ち方で鍛えられる部位が変わってくるのです。

 だから、なれるまでは指導者にみてもらうしかありません。ある程度、回数を重ねれば、自分でも上手にやれるようになります。そうすれば、あとは継続あるのみ。

 

充実した身体、しなやかで美しい身体が手に入ります!!

4:同じ目的の仲間が集まり、交流できる

 

東洋思想に興味があるけど、情報交換する場がない。身体の鍛錬したいけど、なかなか継続できない・・・。そんなお悩みありませんか?

 

それを解決する方法のひとつとして有効なのは、仲間を作ること。仲間と会っておしゃべりをすれば、やる気も復活!!

よし今日からまたがんばるぞ!!と、やる気が出てきます。

 

また、仲間のあの人がこんなに変わってきた!! なんか、活き活きしてる!!

その姿をみれば、あなたもやる気が100%に!!

 

そう、そんな仲間とのコミュニティの場としても、創身会は活動しております。

 

 

               セミナー受講生の感想はこちら

             

               問合せは こちら!

電話番号

0721-28-4001

施術時間

9:00~18:00

(最終予約は16:00まで)

休日

日曜・祝日(月曜日は八尾出張の為に本院は休み)